衆議院選挙を前にして麻生首相が失言したそうです。「金がねえなら結婚しないほうがいい」と不況下で就職難の若者らの気持ちを逆なでする発言したそうです。やはりお金持ちの麻生首相に一般大衆の苦しい気持ちなどわからないんでしょうね。自民党にとってマイナスイメージともとれるこの発言が選挙戦にどう影響していくのか注目ですね。


 
「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」。


麻生太郎首相は23日夜、東京都内で開かれた学生主催の集会で、少子化問題に関連してこう述べたそうです。



学生から、若者に結婚資金がなく、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか、と質問されたのに答えたものだが、不況下で就職難の若者らの気持ちを逆なでする発言とも受け取れるそうです。


 
首相は「(金が)あるからする、ないからしない、というもんでもない。人それぞれだと思う」としながらも、「ある程度生活していけるものがないと、やっぱり自信がない。稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、なかなか難しいんじゃないか」と語ったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000049-mai-pol