ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:関西一

自称”関西一の女相場師”とのうたい文句で180人以上から15億円以上の金を集めて株運用に失敗した主婦は10億円以上が返済不能になっているみたいです。配当停止後も出資者を募集していたらしいです。主婦は逮捕されましたが夫が逃げ回っているみたいでまだ捕まっていないそうです。


大阪府泉佐野市の主婦が高配当をうたい多額の金を集めた事件で、逮捕された岩田矩子容疑者(54)が180人以上から集めた約10億円が返済不能になっているそうです。


府警泉佐野署は、岩田容疑者が配当停止後も出資を募っていたことから詐欺容疑での立件を目指すとともに、姿を消した夫の行方を捜しているそうです。
 

大阪地検は同日、出資法違反罪で岩田容疑者を起訴したそうです。


「元本保証は違反と知っていたが、業としていない」と一部否認しているそうです。


同署などによると、岩田容疑者は趣味で株取引をしていた夫の勧めで、2004年ごろに投資を開始したそうです。


独学で知識を習得し、資産を運用していたそうです。当初は株でもうけた話を知った知人から少額の運用を任される程度だったが、証券会社の知人の助言で事業組合を設立。積極的に出資者を募っていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000247-jij-soci

関西一の女相場師との触れ込みで150人以上から15億円以上を集めて運用に失敗して逃げていた主婦岩田矩子容疑者は、「自分から関西一の女相場師などと言った事はない」と言い訳していました。お金を預けた人たちには謝罪文が届いたそうです。結局、リーマンショックから始まった金融危機で運用に失敗したようです。



出資法違反(預かり金の禁止)容疑で6日、大阪府警泉佐野署は逮捕された同府泉佐野市日根野、主婦岩田矩子(ともこ)容疑者(54)に数回に分けて計600万円を預けたという大阪府内の自営業男性(49)は憤ったそうです。

 
知人に岩田容疑者を紹介されたのが2年前。「リスクの少ない株取引なので、安心してください」と勧められ、100万円を出資した。落ち着いた説明ぶりで、3か月後、5万円の配当を受け取り、不審に思ったことは一度もなかったそうです。

 
先月中旬、最後に会った際も、岩田容疑者は「不況の時こそチャンス。株価が上下する相場の方が利益が出る」と強調。200万円を託したが、その約2週間後に失跡したことを知り、「だまされたと気づいた」と言っているそうです。

 
今月初め、岩田容疑者の代理人を通じ、出資者の元に自筆とみられる謝罪文が届いた。「金融危機などで、急に利益が出なくなった」「身の回りのものを売って作った少しのお金しかない」などとつづられていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090206-00000072-yom-soci

自称:関西一の女相場師が200人から15億円集めて行方をくらましている事件でこの女が読売新聞の取材に応じたそうです。15億円の運用に失敗して残ったのは200万円だそうです。現在は出資者からの追及を逃れるために車の中で寝泊りする生活だそうです。


高配当を約束し、知人ら約200人から15億円以上とされる資金を集めながら、行方をくらましていた大阪府泉佐野市の主婦(54)が31日、読売新聞の取材に応じ、着物などを売却してつくった数百万円を“逃走資金”に、家族と車で寝泊まりしている現状などを明らかにしたそうです。

 
残った出資金は200万円に満たず、「運用に失敗した。刑事責任を追及されれば、甘んじて受けたい」と涙交じりに話したそうです。

 
本紙記者が主婦の知人を通じて連絡を取り、大阪市内で取材したそうです。

 
主婦の説明によると、株取引を始めたのは約20年前だそうです。


予想以上に利益が出たため、自宅を改築したり、着物や貴金属を次々と購入したりしたそうです。


うわさが口コミで広がって運用を頼まれるようになり、7〜8年前からは本格化したそうです。

 
運用は証券会社を通じて行い、月2〜3%の配当も出していたが、米大手証券会社リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)した「リーマンショック」で状況が一変したそうです。


着物や貴金属を売って作った資金を、返還や配当金にあてるなど自転車操業に陥ったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000020-yom-soci

↑このページのトップヘ