ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:阪神タイガース




阪神タイガースの今岡誠内野手(34)が今季限りでの引退を決意したそうです。阪神で主軸打者として活躍していた今岡選手もケガの影響で34歳という若さですが引退を決意したそうです。なんだか残念な終わり方ですが厳しいプロの世界では結果が全てですから仕方ありませんね。



東洋大から1996年にドラフト1位で阪神入りした今岡は、2003年に首位打者、05年には打点王に輝くなど、チームの主軸打者として活躍しました。


2度のリーグ優勝の原動力となりました。



しかし、06年からは右手中指のバネ指(けんしょう炎)の影響で打撃が低迷しました。


手術を受けたものの、完全に復活できず、今季は23試合に出場して打率.133。6月からは2軍に降格し、2軍でも出場機会は激減していたそうです。


事実上の構想外となり、引退を決意したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000014-ykf-spo

阪神がムチャククチャ強いですね、交流戦も今季初の6連勝で両リーグ通じて40勝一番乗りしたそうです。


パ・リーグ首位の西武との対決を制した阪神。59試合目での40勝到達は、2リーグ制になってから03年の60試合を塗り替え、球団最速記録。交流戦で単独首位にも躍り出たそうです。


岡田監督は充実感を漂わせながら、「うまいこと先手が取れた」と笑ったそうです。


先取点を奪って試合の流れを呼び込んだのは岡田監督のさい配が的中した点にあ
るようです。一回2死一、二塁の好機。岡田監督が石井一対策で5番に起用した高橋光が打席に入ったそうです。


「何としても打ちたい」。カウント1−1からの3球目、石井一の内角へのカットボールをバットの芯できっちりとらえた。打球は左翼手の頭上を越え、先制の2点適時二塁打となったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000150-mai-base

阪神の新井が打点を挙げると負けないという新井神話がありますが、連勝を18に伸ばしました。ヤクルトに快勝して貯金も今期最大の15にしました。本当にタイガースは強いですね。


新井が打点を挙げたら虎は負けないそうです。2安打4打点。不敗神話を「18」にまで伸ばした男は、お立ち台で首をひねりながらも甲子園の大観衆に力強く応えたそうです。


「打点を挙げたら18連勝?赤星が塁に出てつないでくれたり、ピッチャーも粘っている。それで僕の打点が勝利につながっているんじゃないですか」

前回4月19日の対戦(神宮)で苦杯をなめた村中対策として、試合前ミーティングで直球に狙い球を絞ったそうです。それをすぐさま実行してみせたようです。


初回1死二塁、148キロを右翼線へ運ぶ先制二塁打。さらに4点リードの4回無死満塁では145キロをフルスイングし、右中間を破る3点三塁打。「相手の一番いいボール、直球を打ち返すことだけを考えていた」としてやったりの表情。終わってみれば先発全員の15安打8得点と打線が機能したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080517-00000006-spn-spo

阪神タイガースが絶好調ですね。開幕から16試合が経過して13勝10敗で貯金を早くも10の2ケタにしました。今年のセ・リーグは、阪神と中日の2強で優勝争いですね。



下柳が今季3勝目を3年ぶりの完投で飾ったそうです。

初回2死から広島アレックスに先制ソロを打たれたが、2回以降は追加点を許しませんでした。

4回2死一、二塁、7回無死一、二塁など再三得点圏に走者を背負いながら、粘り強く投げ抜いたようです。


下柳の完投は、延長10回を投げた05年10月5日横浜戦(甲子園)以来。「みんなのプレーのおかげ。気持ちよく投げさせてもらっています」と、周囲に感謝したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000035-nks_fl-base

↑このページのトップヘ