野村証券のインサイダー事件が影響して顧客離れが拡大しているそうです。そりゃ商売に一番大事な信用を無くしてしまったのですから、その流れは当然ですよね。一部の不良社員のせいで、会社全体が大変な苦労を背負わなければいけないので、真面目になってきた社員の方はお気の毒ですね。このピンチをどのように乗り切っていくのでしょうか。



インサイダー取引事件で元社員が逮捕された野村証券の顧客離れが広がってきたようです。


野村に株式や債券の売買を委託している機関投資家や投資信託会社で、発注を見合わせる企業が相次いでいるそうです。


国内でトップシェアを誇るM&A(企業の合併・買収)の助言業務も、「顧客の信頼を少なからず失った」(渡部賢一社長)ことで、影響は避けられそうにないようです。


「野村の牙城を崩すチャンス」とみて、積極的な営業に乗り出すライバル社も出てきたそうです。



事件を受け、企業年金連合会が22日から株式や債券の売買発注などの取引を一時停止したそうです。大和証券投資信託委託や三井住友アセットマネジメント、トヨタアセットマネジメントなどの投信会社も相次いで発注を見合わせたそうです。


また、朝日生命保険も一時停止を決定したほか、別の大手生保も「事態の推移を見極めて判断する」と、発注停止を示唆するようです。



「野村離れ」の拡大に乗じるかのように、野村のライバル会社も「水面下で野村の顧客企業に接触を始めた」(国内証券)。野村は、国内上場企業約4000社の6割で、証券業務などを取り仕切る幹事や副幹事を務めており、盤石な法人の顧客基盤を築いているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000140-mai-bus_all