ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:骨折

ドランクドラゴンの塚地武雅が「はねるのトびら」の番組収録中に左足を骨折するケガを負ったそうです。人気コーナー「スターだらけの大運動会」は体を張ったチャレンジ企画で傾斜スロープを踏み切り左足で着地したときに骨折したみたいです。


フジテレビは8日、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅(37)が同局の人気バラエティー番組「はねるのトびら」(水曜・後7時57分)の収録中に骨折したことを発表したそうです。


人気コーナー「スターだらけの大運動会」で、塚地は傾斜スロープを踏み切り、左足だけで着地したそうです。


収録後に病院での検査の結果、左足脛骨骨折で全治2〜3か月と診断された。9日に手術を行うそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000221-sph-ent

星野ジャパンで日本代表の4番を勤めた阪神・新井貴浩内野手が「6月中旬ごろから骨折していたと思う。」と衝撃の告白をしました。それならば、北京に行く前に言って日本代表を辞退すればよかったのにと誰もが思うでしょうね。新井貴浩の責任感の強さからなんでしょうか?



北京五輪日本代表で4番を務め、帰国後に「第5腰椎(ようつい)の疲労骨折」と診断された阪神・新井貴浩内野手(31)が衝撃の告白したそうです。


27日、西宮市の虎風荘で電気治療を終えると「北京に行って折れたわけじゃない。6月中旬から折れていたと思う。痛みは6月から変わらない」と明かしたそうです。

 
帰国翌日の25日、大阪市内の病院でCT検査を受けた。先月16日のMRI(磁気共鳴画像装置)検査では「左第4、第5腰椎の椎間関節炎」と診断されたが、状態は大きく悪化していたそうです。


腰痛を抱えた状態で9試合にフル出場したことが要因と受け止められても仕方ないですね。


痛みを押してプレーした背景には「ジャパンの4番は新井」と明言していた星野監督への感謝の思いがあったようです。


「トレーナーに“限界を超えているからやめてくれ”と言われていたのを振り切って出場していた。誰が悪いとかはない。自分が一番悪い」と自らの責任とも強調したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000000-spn-spo

嵐の櫻井翔が右手親指を骨折したそうです。コンサートのリハーサル中にステージから誤って転落して右手を負傷したそうです。仕事に穴を空けることなくがんばっているそうです。利き手の骨折だから生活には不便でしょうね。


人気グループ、嵐の櫻井翔(26)が1日に右手親指の付け根を骨折するケガを負っていたそうです。


所属事務所によると、1日に愛知・ナゴヤドームでコンサートがあり、同公演前のリハーサル中にステージ(高さ約2メートル)から誤って転落したそうです。


病院にかけつけたところ、右手親指の付け根の骨折が判明した。全治約1カ月だそうです。


1日の公演には予定通り出演し「人生初の骨折をしてしまいまいした」などとファンに報告したそうです。


仕事には影響はないといい、2日夜放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」にも出演したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000032-sanspo-ent

↑このページのトップヘ