ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:麻生太郎首相





麻生太郎首相は衆議院選挙で勝つつもりがないのか、それともすでに負けを覚悟しているのかわかりませんが「負けっぷりをよくせにゃあかん」と教えていただいたと語ったそうです。


麻生太郎首相は11日午後、遊説先の千葉県野田市内で街頭演説したそうです。



麻生太郎首相は冒頭で、終戦時の首相である鈴木貫太郎に言及、「鈴木先生は『(戦争は)負けっぷりはよくせにゃいかん』と吉田茂に言っている。これは事実の話。吉田内閣は長いこと続いたが、いろいろな意味で教えていただいた」と語ったそうです。



演説場所が「鈴木貫太郎記念館」の前だったことから、祖父の吉田茂元首相とも付き合いがあった鈴木元首相の有名な発言を紹介したそうです。



ただ、政権維持が懸かる衆院選での民主党との対決を前にして、首相があえて「負け」に言及したことで、波紋を呼びそうですね。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090811-00000136-jij-pol






麻生太郎首相が、鳩山邦夫前総務相のことを批判したそうです。「個人同士の手紙のやり取りで中身を公表するのはおかしい」だって。おかしいのは麻生首相のほうでしょう。やはりどう考えても鳩山氏を更迭することはおかしいでしょう。まぁ近いうちに国民の審判が下るでしょう。


麻生太郎首相は16日夜、日本郵政の西川善文社長の後継候補リストが同封された手紙を首相から受領したと、鳩山邦夫前総務相が公表したことについて「個人との間に出された手紙や文書が安易に外に出される方がおかしい」と批判した。首相官邸で記者団の質問に答えたそうです。
 


鳩山氏更迭に至った経緯の説明が不足しているとの指摘が政府・与党内からも出ていることに関し、首相は「人事や民間会社に関する経緯がどうあったかを説明するというのは聞こえがいいが、内容を全部見せるということが果たして正しいことか」と反論したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000181-jij-pol

↑このページのトップヘ