ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:11億円横領

3年弱の期間に11億円もの大金を横領してぜいたく三昧の生活をしていた、茨城県国民健康保険団体連合会の元職員に懲役14年の判決が下ったそうです。懲役刑がでても失われたお金はもう戻ってこないでしょうからどうなるんでしょうかね。



茨城県国民健康保険団体連合会の保険料約11億円が着服された事件で、業務上横領罪に問われた同連合会の元会計課出納主任、森知勇(ともお)被告(34)=水戸市河和田=の判決公判が4日、水戸地裁で開かれ、鈴嶋晋一裁判官は「被告は(着服した金で)贅沢三昧(ぜいたくざんまい)の生活を送り、酌量の余地は全くない」として懲役14年(求刑懲役15年)の実刑を言い渡したそうです。


判決によると、森被告は平成17年5月27日から今年3月26日にかけ、水戸市内の銀行窓口で同連合会の理事長名義の預金通帳と印鑑を使い、出納検査の対象外の会計口座から計327回総額約11億390万円を引き出したそうです。


着服した金は、借金の返済や競艇、家族の海外旅行費などにつぎ込んでいたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081104-00000507-san-soci

11億円もの大金を横領着服して競艇などギャンブルに使ってしまった男の初公判があり、検察側は懲役15年を求刑したそうです。しかし、11億円もの大金はもう帰ってこないんですよね。



茨城県国民健康保険団体連合会をめぐる巨額横領事件で、保険料など約11億円を着服したとして、業務上横領罪に問われた元同連合会会計課出納主任森知勇被告(34)=懲戒解雇=の初公判が30日、水戸地裁(鈴嶋晋一裁判官)であり、森被告は「間違いありません」と起訴事実を認めたそうです。


検察側は懲役15年を求刑し、即日結審したそうです。判決は11月4日だそうです。


検察側は冒頭陳述で、森被告は父親らの借金の肩代わりにより消費者金融に600万〜700万円の借金を抱えていたと指摘したそうです。


借金返済後も横領を続け、約11億円を競艇に使ったとしたそうです。 





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000045-jij-soci

↑このページのトップヘ